Hiroyuki Abeの投資日記
categories: 投資
2020年3月15日時点のポートフォリオ 現金比率40%程度 かなりの損が出た。また売り買いしすぎた。 たまたま、2月18日の時点で大部分で売り払っていたので、そこで何もすべきではなかった。 確定拠出年金を売る指示をした日は2/21 ただし、10時以降だったので2/25売却指示扱い 売買記録(日本時間で記載) 2月17日:8306売却 三菱UFJフィナンシャル・グループ(単価:567.2円) 損切 2月17日:$VOO売却(単価:309.24$) 利確 2月18日:9302売却 三井倉庫ホールディングス(単価:1,717円) 損切 2月18日:$QQQ(単価:233.5$)で売却 利確 2月19日:2515購入 NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(単価:1,137円) 2月19日:$VPU購入(単価:156.2050$) 2月21日:野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI売却指示 2月25日:$VPU売却(単価:153.5779$ 損切) 2月26日:1540売却 純金上場信託(現物国内保管型)(単価:5,760円) 利確 2月29日:$RDSB購入(単価:44.27$) 3月4日:$ZM購入(単価:118.52$) 3月4日:$GOOGL購入(単価:1,358.96$) 3月5日:1321購入 日経225連動型上場投資信託(単価:22,090円) 3月9日:2515売却 NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(単価:965.74円)損切 3月9日:1321売却 日経225連動型上場投資信託(単価:20,270円) 3月12日:4519購入 中外製薬(単価:10,750円) 現在のポートフォリオ 現金 現金比率40%程度 株式 中外製薬(コード:4519) インデックスを買うと駄目な相場になったと感じたが、 円高になる可能性を考えると日本円での資産も確保しておきたかった。 そのため、業績好調枠を確保 Royal Dutch Shell(コード:RDSB) 原油下落で爆損 原油の相場は将来的には上がると見ているのでキープ Zoom Video Communications(コード:ZM) Zoom使ってみてよかったので購入 導入が増えるのではと見ているが、導入増加に伴うコスト増がどの程度か未知数。 Alphabet Inc Class A(コード:GOOGL)
15 Mar 2020
categories: 投資
2020年2月8日時点のポートフォリオ 年末現金比率50%(去年の年末)→27%になった。 いろいろ変更したが、年末から見ると以下である。 GOOGLを売却した。 Intelを買って売った(利益あり) VIGを買って売った(プラスマイナスゼロ) QQQをポートフォリオの20%、VOOをポートフォリオの10%購入 三井倉庫ホールディングス、三菱UFJフィナンシャル・グループを購入 GOOGL、Intel、VIGはQQQ、VOOの組み合わせの方がパフォーマンスが出る上、リスクが少ない かつ自分の売買が少なくなると考え直した。 日本株は少額の投資 現在は厳しいが新技術の導入で伸びる可能性があり、かつ PBRが低い銘柄に投資した。 いつもはやらないやり方でどのような結果が出るかの様子見枠 現在のポートフォリオ 現金 現金比率 27% 株式 純金上場信託「金の果実」(コード:1540) 信託報酬が高めなので、長期ならGLDMのほうが良いかもしれない Invesco QQQ Trust(コード:QQQ) NASDAQ100連動のETF 20% Vanguard 500 Index Fund(コード:VOO) S&P500指数のETF 10% 三井倉庫ホールディングス(コード:9302) 三菱UFJフィナンシャル・グループ(コード:8306) つみたてNISA 2018年の枠:楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 2019年の枠:SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド NISA枠 2020年の枠:Progyny Inc(コード:PGNY) 不妊治療の会社、まだ伸びそう 確定拠出年金 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
8 Feb 2020
categories: 投資
2019年末のポートフォリオ 現在のポートフォリオ 2019年は株が下がりそうだと感じていたので、現金比率多めだった。 しかし株は大幅に上がった。 2020年を見たときに、株・REITが既に割高になっているように見える。 しかし2020年は持つのではと考え直した。 そのため、現金比率が85%だったので、これを50%まで下げることにした。 【変更点】 GOOGLとPGNYを購入 確定拠出年金も現金からMSCI-KOKUSAIのインデックスファンドに変更(年明けに購入) 株式 純金上場信託「金の果実」(コード:1540) 信託報酬が高めなので、長期ならGLDMのほうが良いかもしれない Alphabet Inc Class A(コード:GOOGL) Firebaseを見ていたら、様々な対応でクラウドのシェアが徐々に上がっていきそうだと感じた。 将来技術的にも量子コンピュータ関連を押さえているので長期で持てる。 つみたてNISA 2018年の枠:楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 2019年の枠:SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド NISA枠 2020年の枠:Progyny Inc(コード:PGNY) 不妊治療の会社、まだ伸びそう 確定拠出年金 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
31 Dec 2019
categories: 投資
12/17のポートフォリオ 現在のポートフォリオ 時間をかける余裕がないので、個別銘柄を処分し縮小 政府の通貨発行量が増えているのが気になるので、金を持っていたほうが良いだろうと金ETFを購入 来年はNISA枠ぐらいに押さえて 大幅に下落(2021~2022年位を予想)したら買いに入る予定 株式 純金上場信託「金の果実」(コード:1540) 信託報酬が高めなので、長期ならGLDMのほうが良いかもしれない つみたてNISA 2018年の枠:楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 2019年の枠:SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 来年は通常NISAに切り替え済み
17 Dec 2019
categories: 投資
1/14のポートフォリオ 現在のポートフォリオ 金 取得金額 4,586 円/g SBI証券で買い リネットジャパングループ(コード:3556) 1,000円 2,000株 ミズホメディ(コード:4595) 1,981円 900株 リソー教育(コード:4714) 447円 5,000株 アークランドサービスホールディングス(コード:3085) 2,006円 100株 GMOフィナンシャルホールディングス(コード:7177) 606円 100株 他日本円 持っていた株は一旦売った。リネットジャパングループは買い直した。 今年の実現損益+263,610円 株の時価総額 6,471,700円 評価損益合計 +192,600円 アメリカが利上げ停止して、日本が何もしないから、円高方向か。 何も起こらなければ3月ぐらいまで変わらないかな。 Facebookが安くなっているので買いたいところだけど 世界経済が不安定なので、これ以上リスク取りたくないし、 円高方向なのでもう少し待ち Facebookが安くなっているのは、稼げなくなっているからだが、 Deep Learning用のフレームワークPyTorchも抑えているし 何らかのきっかけで再度稼げる様になる可能性があるので注視している。
14 Jan 2019
categories: 投資
前言撤回し、日本株を買う 現在のポートフォリオ 金 取得金額 4,586 円/g SBI証券で買い バンダイナムコホールディングス(コード:7832) 4785円 500株 リネットジャパングループ(コード:3556) 907円 2000株 ニトリホールディングス(コード:9843) 13,660円 100株 他日本円 今年は、円高になり、日経平均はさがると思っている。 しかし、調べていたら買いたい銘柄が出てきたので買う。 バンダイナムコホールディングス(コード:7832) スマホのランキング上位にアプリが大量に入っており利益を稼いでいる(年末にお得な課金要素を入れていたのが大きいと思うが) 日経平均が大幅に下る中、12月28日に年初来高値を達成している。 VRエンターテインメント施設「VR ZONE」など、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)で事業を行っているのも個人的に好感触 リネットジャパングループ(コード:3556) 個人的にネットオフを使っており、宅配買取に伸びる要素を感じる。 自治体と連携した宅配便リサイクルを行っており手堅い カンボジア事業を始めており、リスクは有るが、利益が大幅に出る可能性を感じる ニトリホールディングス(コード:9843) 円高メリット銘柄 最高益なのに、期待高くて売り込まれている。
4 Jan 2019
categories: 投資
3月まで投資中止 現在のポートフォリオ 金 資産の内5%を保持(取得金額 4,586 円/g SBI証券で買い) 日本円 資産の内95%を保持 アークランドサービスホールディングス(コード3085:日本株)は売りました。 また2019年3月まで投資中止することにしました。 市況が悪いです。 市況が良くなる特別なことがあれば、考えますが、 そうならない限り投資はしません。 他のことにも時間を使いたいですし、 今細かいことをやっても損をする未来しか見えません。 4月ぐらいになったら状況を見つつ、以下の考えに沿って投資していこうと思います。 現在のポートフォリオと来年の予定
26 Dec 2018
categories: 投資
現在のポートフォリオと来年の予定 現在のポートフォリオ アークランドサービスホールディングス(コード3085:日本株) 資産の内5%を保持 取得金額 2366円 金 資産の内5%を保持(取得金額 4,586 円/g SBI証券で買い) 日本円 資産の内90%を保持 ALサービス買ったけど、タイミングが悪かったかもしれない。 かつやにたまに行くので、当分売らないつもり 高確率で買う Uber(2019年 IPO) Slack(2019年 IPO) 前回と変わらず 中確率で買う GOOGL ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI) 前回と変わらず 暴落したら買う Ares Capital Corporation(ARCC) 配当利回り9%程度、中小企業に対する融資など。 今は買う気にならないが、暴落モードになると、結構下がるのでそうなったら買い iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF) 配当利回り5%程度、金融株が多い。 今は買う気にならないが、暴落モードになると、金融株は大幅に下がるのでそうなったら買い Vanguard Information Technology ETF(VGT) 米国情報セクター アップル 、アルファベット、マイクロソフト、フェイスブック、VISA、インテル、シスコ 上記で50%を占める。下がったら買いたい。 Vanguard Health Care ETF(VHT) 米国医薬品、バイオテクノロジー、ヘルスケアなど 下がったら買いたい。 Vanguard S&P 500 ETF(VOO) S&P 500 ETFは下がる可能性が高い局面で持つ気にはなれないが、 その後の値上がりが期待できる。
19 Dec 2018
categories: 投資
来年のポートフォリオ まとめ タイミングを見計らって、買いに行こうかと思っている。 2019年 IPOが2つ含まれていることもあり、すぐに揃えるわけでもないし、変更するかもしれない。 しかし、現段階では大きな方針はこれで行こうと思っている。 Uber(2019年 IPO) 15% Slack(2019年 IPO) 15% GOOGL 15% VHT(Vanguard Health Care ETF) 15% EPI(ウィズダムツリー インド株収益ファンド) 10% 金 5% 日本円 25% Uber(2019年 IPO) 超難度のレトロゲーム Montezuma’s Revenge すぐ死ぬせいで報酬がもらえず、強化学習でなかなか人の平均すら超えれなかったゲーム さらに、最終的にクリアをするには、パズル要素があり、特定のルートでないとクリアできないというとんでもないゲーム これをクリアしてしまったのを見て投資しようかなと思った。 それだけなので、財務状況とか見て投資の有無を変更するかもしれない。 2019 1Q IPOの予定のようです。 Montezuma’s Revenge Solved by Go-Explore, a New Algorithm for Hard-Exploration Problems (Sets Records on Pitfall, Too)) Slack(2019年 IPO) 日常的に使っているので、これも確認の上、投資の有無を変更するかもしれない。 GOOGL 日常的に使っているので、 またGoogle Cloud Platform (GCP)、YouTube Premiumの伸びも期待できる。 Forward P/E 22だが、来季目標が高いので、達成できるかはわからない。 またGoogle税がEUで議論されているのがリスク
10 Dec 2018
categories: 投資
最近の投資とドイツ銀行と米中貿易戦争 最近の投資 アルファベットが5%下落しており、売っておいて良かったと思っているところです。 401Kも投資信託から銀行定期にスイッチングしました。 つみたてNISAは継続します。 アメリカ株を売ったドルについては円転します。 株価は短期では上がるのではと思いますが、 どこかで大幅に下がりそうなので、当分株からは撤退します。 ドイツ銀行 ドイツ銀行は株価が8ドル近くになってきている ドイツ銀行 CDS も少しずつ上がってきている 両方共注意が必要な領域になってきている。 すぐになにかが起こるわけではないと思う。 ただ、ドイツ銀行 2019年6月までに破綻か、どこかに救済されるかが起こりそう。 破綻してからの救済もあり得るかもしれない。 (6月までのいつになるかは予想できない。) 破綻したら、ドイツ銀行発の金融危機が発生する可能性があるのではと思う。 米中貿易戦争 米国側は下記5点を90日以内に解決すれば、 追加の関税は行わないとしているが、これを中国側が満たすのは難しいと思われる。 長期問題になる。 この問題で何が起こるかわからない。 米企業への技術移転の強要 知的財産権の保護 非関税障壁 サイバー攻撃 サービスと農業の市場開放 wikipedia米中貿易戦争を参考にしている。 他 イギリス ブレグジットに関する英議会の承認 EU離脱派と残留派がどうなるかわからない。 フランス フランス全土でデモ発生 カタール OPEC脱退 中東が更に荒れそう カタールのOPEC脱退、サウジとロシアの関係強化の影響反映か
5 Dec 2018
Design pdevty